使用に伴う危険防止

消費機器の危険な使用方法

CO(一酸化炭素)中毒について

閉め切った部屋で、小型湯沸器などを長時間使用していませんか?

ご使用の際には、忘れずに換気を行って下さい。 .

小型湯沸器からホースで風呂場にお湯を引いたりシャワーとして使用してませんか?

長時間の使用は、大変危険です。

排気筒のフィン(排気部)が目詰まりを起こしていませんか?

換気不良は不完全燃焼の原因になることがあります。

しばらく使っていない排気筒(煙突)に鳥が巣を作ってませんか?

排気ガスが室内に逆流する事が有ります。

浴室内の排気筒(煙突)の逆風止めが外れたりしていませんか?

排気ガスが浴室内に流出する事が有ります。

密閉性の高い住宅で、ふろがまと換気扇を同時に使用していませんか?

空気を外から取り入れずにふろがまと換気扇を同時に使用すると、室内に排ガスが逆流することがあります。

COの人体におよぼす影響

CO濃度人体の状況
0.01%数時間の呼吸後でも目立った作用はない
0.02%2~3時間後には軽度の頭痛を起こす
0.04%1~2時間後に頭痛、吐き気、耳鳴りを起こす
0.08%45分間で頭痛、吐き気、1~2時間後に意識を失う
0.16%20分関で頭痛、吐き気が激しくなり2時間で死亡
0.64%1~2分間で頭痛・めまい30分で死亡
1.28%1~3分間で死亡
※0.01%であっても幼児などの場合では、数時間でけいれん等を起こすこともあります。

当社では、お客様宅でCO中毒が起きないよう、日ごろより燃焼器具等の設置状況や点検を行なっています。